NO.4 サティア・サイババ

ランキングサイト

特におすすめする霊能者がランキング形式で見れます!
超おすすめ!

霊視ブログランキング

霊界・霊視ブログ

精神世界ランキング

占いランキング

ブログランキング

サティア・サイババ (1926年11月23日 – 2011年4月24日)は、インドの霊的指導者、社会貢献活動家である。
今年(2011年)4月24日に死去した後、葬儀は国葬として執り行われたことからも、インド国内において、いかにその存在が重要であったかがうかがい知れる。
サティア・サイババがこのような扱いを受けた背景には、一宗教家、霊的指導者という枠を越え、世界に影響を与えた社会貢献活動家としての側面が、インド国内にて評価された結果である。
サティア・サイババは国内に数箇所の「アシュラム」(霊的な指導を行う場所・宿泊施設)を所有していたが、そのほかにも、病院・大学・孤児院等も設立し、広く国民に解放していた。
実際に、ノーベル賞の選考機関ノルウェー・ノーベル・インスティトュートは、完全無償で医療を提供する「シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関」(特別専門病院)の社会および地域貢献を評し、サティア・サイババをノーベル平和賞候補としたが、サイババがこれを辞退したということもあった。
しかし、世界中から多くの人を連日に渡り、メインのアシュラムがあった「プッタパルティ」という小さなインドの田舎村に引き寄せたサティア・サイババの魅力は、独自の霊的指導者としての活動にあった、ということは言うまでも無いであろう。
サティア・サイババの教えの詳細は、専門のホームページや書籍に譲るとして、ここでは概略を述べておく。
サティア・サイババの教えはとてもシンプルである。
「愛を実践しましょう」という一言である。
そして、「すべての宗教は兄弟である」とし、アシュラムには、あらゆる宗教団体からの来訪者が訪れていた。
こうした間口の広さから、世界中に信者を持っていたのである。

サイババの死の予言について

サティア・サイババは自分の死ぬ年齢を95歳と予言し、また死後数年後に生まれ変わる、とも予言していた。
しかし実際には84歳で他界したことになる。
このことに関して、サイババの普及団体である「サティア・サイ・オーガニゼーション」では、「インド暦・太陰暦に換算すれば95歳で亡くなった、つまり予言通りであったことになるのです」としている。

マンモハン シンの声明

「サティヤ・サイ・ババ氏ご逝去の知らせを聞き、深い心からの悲しみにある。サティヤ・サイ・ババ氏は霊的指導者として、人類を、それぞれの信じる宗教を守ったまま、正しく、また意義のある生き方へと導いてきた。氏の教えは真実、正しい行い、平和、愛、非暴力という、普遍の理念に基づくものだった。

サティヤ・サイ・ババ氏は50数年の間、人間の最高の価値(ヒューマン・バリューズ)を説いてきた。また(サイ・ババ氏が生まれ、また生涯を過ごしたプタパルティの)プラシャンティ・ニラヤムを本拠に、世界中に散らばる幾多の機関を通じ、平和主義的価値観、教育、そして公衆衛生を振興することで、人々の崇拝を受けてきた。

氏が信じてきたこと、それは、生活の維持のための基本的要件を誰もが享受できる社会を確保することは、人としての義務であるということだった。信奉する人々にとって、サイ・ババ氏は光となった。

サティヤ・サイ・ババ氏の逝去は、何にも代え難い喪失を意味し、インド国民全員が深い嘆きに包まれている。全ての信者、門弟、支持者に、心からのお悔やみを申し上げる。」

wikipedia 一部引用

著書

『神問神答 プラシュノーッタラ・ヴァーヒニ』、小栗知加子監訳、サティヤサイ出版協会、2007年11月、129頁
『ヴェーダ リーラー・カイヴァリャ・ヴァーヒニ』小栗知加子訳、サティヤ サイ出版協会、2006年5月、53頁
『プレーマ・ダーラ 愛の流れ サイ・ババから学生への書簡集』壱岐やす江監訳、サティヤ サイ出版協会、2002年9月、77頁
『ラーマ王子物語1』(Ramakatha Rasa Vahini Part1)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、2001年
『ラーマ王子物語2』(Ramakatha Rasa Vahini Part2)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、2001年
『サティア・サイ・バヒニ』(Sathya Sai Vaahini)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、1999年10月、307頁
『至高の平安 プラシャンティ・ヴァヒニ』牧野元三訳、サティヤ サイ出版協会、1998年2月、123頁
『生きる道 ダルマ・ヴァヒニ』斎藤道男・伊藤協子訳、サティヤ サイ出版協会、1997年3月、160頁
『信愛』(Prema Vahini)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、1994年、131頁
『光をあたえるもの』(Vidya Vahini)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、1992年、117頁
『英知』(Jnana Vahini)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、1992年、93頁
『ウパニシャッド』(Upanishad Vahini)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、1990年、135頁
『瞑想』(Dyana Vahini)若林千鶴子訳、シュリ サテイア サイ出版物日本刊行センター、1989年、118頁
『平安・冥想・大成就』(Sandeha Nivarini)若林千鶴子訳、サティア サイ オーガニゼーション ジャパン、1983年2月、210頁
『バガヴァタ バヒニ クリシュナの奇蹟』若林千鶴子訳、サティア サイ オーガニゼーション ジャパン、1982年6月、262頁

wikipedia 一部引用

話題

インドの霊能者、サイババ氏、予言より早く84歳で死去
産経新聞 4月24日(日)14時19分配信

【ニューデリー=田北真樹子】不治の病を治したり、何もないところから灰や指輪などを出す
「超能力」の持ち主として日本でも知られるインドの霊能者で宗教指導者のサティヤ・サイババ氏が24日、
入院先の同国南部アンドラプラデシュ州プッタパルティの病院で死去した。
84歳だった。サイババ氏は呼吸器などの不調から3月下旬に入院して容体が悪化、
ここ数日間は危篤状態が続いていた。

サイババ氏は1926年、プッタパルティの村で生まれた。14歳の時、特別な能力を自覚。
インドを代表する聖者シルディ・サイババの生まれ変わりとして、以来サティア・サイババと名乗るようになったとされる。

サイババ氏は国内外の著名人の尊敬や信仰を集め、信者の数は「世界中で1千万人」
(地元ジャーナリスト)といわれる。インドの歴代大統領をはじめ、世界の著名人も信者として名を連ねる。
サイババ氏をめぐっては、一時、超能力の真偽や私生活をめぐる噂が相次いだこともあった。

サイババ氏は一方で、莫大な資産家として知られる。国内外の信者からの寄付・献金によるもので、
実態ははっきりしないものの資産は4千億ルピー(約8千億円)以上との見方もある。
資産は、貧困層のための無料病院や教育施設、水インフラ整備など国内だけでなく、海外での慈善事業にも使われている。

独身で子供がいないサイババ氏が死亡したことで、インドの関心は、莫大な資産を誰が管理するかに集まっている。
兄弟や甥が慈善事業を運営する財団の中心的存在になるといわれているが、
州政府が資産管理に乗り出すのではないかとの見方も出ている。

サイババ氏はかつて、自身は90代で死亡し、その数年後に生まれ変わると予言していたとされる
だが、今回の死亡時期は予言よりも早かった。

サイババさんをインチキだという人達がいますが、それは違います。
彼は正真正銘の聖者でかつ超能力者なんです。
噂によれば、日本-政府は、福島の原発事故を終息させるためにサイババさんを招聘し-ようとしたそうですが、
彼の健康状態が思わしくないので実現しな-かったそうです。
彼がもし健康ならば、原発事故なんてあっという-間に解決できるという話です。
多くのノーベル賞科学者が、彼の能-力は本物だと太鼓判を押しています。

サイババのような人が亡くなり、
カダフィやナベツネのような高齢者がピンピンしてる。
世の中わからんね。

胡散臭いおっさんだったけど
ちゃんと貧乏な人にお金つかってあげてるなら良い人じゃないか
しかしあの頭インパクトあったな

今日、自分をサイの帰依者であると思おうと思うまいと、だれもが肉食を
やめるべきです。なぜでしょう? 肉食はもっぱら動物的性質を増長させ
ます。何を摂取するかによって何を考えるかが決まるとはっきりと述べら
れています。さまざまな動物の肉を食べることで、その動物の性質が吸収
されます。人間と同じく五大元素でできている動物を食べることは、いか
に罪深いことでしょう! 動物を食べることは、人に悪魔的性癖をもたせ
、その上、動物への残虐行為という罪をも犯させます。ですから、真に神
の帰依者になろうと努める者は、非菜食の食べ物をやめなければなりませ
ん。自分たちをサイの帰依者であるとかラーマの帰依者であるとか言いな
がら、鳥肉を食べて肥えている人たちがいます。それでどうして真の帰依
者であると見なされるでしょう? それでどうして神がそのような人を帰
依者として受け入れることができるでしょう? ですから、インドであれ
、よその国であれ、そうした手軽な肉食からは手を引くべきです。

皆さんは、カルマの結果から逃れる方法はあるのだろうかと思っている
かもしれません。方法はあります。神の恩寵を得た人々には可能です。ひ
とたび神の恩寵の受取人になれば、カルマ・パラの影響を受けることはな
くなります。ですから、神の恩寵が得られるよう努力すべきです。カルマ
から逃れるのは不可能だ、と学者は言います。学者の言っていることもあ
る程度は真実です。けれども、ひとたび神の恩寵を得たならば、たとえカ
ルマの結果 を被らなければならないとしても、もはやその痛みを感じな
くなるのです。薬が入ったビンを例にあげましょう。ビンには薬の有効期
限が記してあります。有効期限を過ぎれば、薬の効き目はなくなります。
それと同じように、神の恩寵はカルマ・パラを「期限切れ」にします。つ
まり、神の恩寵はカルマの結果 を無効にするのです。ですから、カルマ
の結果から逃れることは可能なのです。人間は神の恩寵を受けるに値する
ことができるように、必要な強さと意志の力を培うべきです。ひとたび神
の恩寵を得たならば、カルマの足かせから解放されるのです。

サイババは偽の宗教家です。インドのサイババの神殿に3回ほど行きました。
パンタ笛吹さんの「裸のサイババ」も熟読しました。
サイババは神の化身ではなく悪の化身であると断言できます。
サイババを「理性のゆらぎ」で紹介した青山圭秀も同罪です。

医療サービスの分野でサティア サイ ハイヤー メディカル サイエンス
と比べることのできる機関は世界のどこにもありません。この病院では
薬、手術、食べ物など、すべて無料で提供されています。今日の急騰す
る経費の枠組みの中で、どうやったらこれらすべてを無料で提供できる
のか誰も理解することはできません。不幸にも、人々は私たちの病院で
行われている奉仕の価値に気づくことができません。
今日、多くの病院が電子的なメディアでその設備を宣伝することによ
って人々を魅了し、人々が苦労して稼いだお金を略奪し、怠慢によって
患者の死を引き起こすまでになっています。これは正しいことではあり
ません。貧しい人々は無料の食事、無料の教育、無料の水、そして無料
の医療が与えられるべきなのです。

今日の世界では、適切な医療設備がないために大勢の人が苦しんでいま
す。苦しんでいる人を助けることはあなたたちの本分です。そうして初
めて国は繁栄するのです。お金は入っては出て行きます。道徳は入って
来ると成長します。今日、多くの医者が医療の分野を商業化しています。
そのような医者はもっとも質(たち)の悪い罪人です。患者の健康を願
う医者が真の医者です。私たちはそのような気高い医者を勇気づけなけ
ればなりません。

医者は犠牲の精神で貧しい人々に奉仕すべきです。それ以上に尊い奉仕 はありません。神は貧困者と見捨てられた者たちの唯一の拠り所です。 人が神の化身であるならば、貧困者と見捨てられた者たちを助けること が人間の第一の義務です。医療を商業化してはなりません。医療は、医 者と患者の間に、心と心の、愛と愛の関係を育むためのものでなければ なりません。この真理を理解し、それにかなった行動をとるのが真の医 者です。商業的な見方をする医者はまったく医者ではありません。実際、 そのような医者こそ自らが病人です! 犠牲の精神が真の医者のあかし です。

ランキングサイト

特におすすめする霊能者がランキング形式で見れます!
超おすすめ!

霊視ブログランキング

霊界・霊視ブログ

精神世界ランキング

占いランキング

ブログランキング